マンションの査定を依頼する時の注意点荷には何があるのか

100万円前後の値引き要求は大半の場合が行われる

もし、このような方法で売却を検討されている場合には、日にちをずらしておくのがお勧めです。
最初に来た担当者からの話の中で、マンションを見学する人が来た時にはカーテンはすべて開けておく、日中でも部屋の照明はすべて点灯させておくと明るさや日当たりの良さなどをアピールできることを教わりました。
2日目以降の時には最初に教わった通り、室内のライトは全灯、カーテンも開けて部屋の中が明るい状態にしておいたので、日当たりが良くて良い環境ですなどのお褒めの言葉も貰うことができまいた。
3社の不動産会社に来て貰って売却時に利用できる見積もりを依頼したところ、最初に提示された金額よりも低くなっていました。
これは部屋の中だけでなく建物の老朽化が起きていることなどがあり、価格自体が下がったためでした。
あくまでも相場を加味している金額などからも売り出し価格は提示した金額よりも多少なりアップしておいても良いとのことです。
購入される人の多くは気に入った物件が見つかると100万円前後の値引き要求は大半の場合が行われるため、最初から見積もり提示額で売り出すとマイナスになることも少なくないようです。
仮に、3社の見積額が3,000万円から3,200万円であれば、値引き交渉も踏まえて3,300万円前後の金額で設定を行っておけば、ほぼ査定額に近い金額で売れるチャンスが広がるなどのコツがあることを知りました。

住んでいたマンションを売却するため査定を受けた合計5社に対して査定見積もりを依頼しました100万円前後の値引き要求は大半の場合が行われる